2015年 忘年会レポート

20151219_忘年会4
いきなり汚い画で申し訳ない。

去る2015年12月19日(土)、快楽忍者隊サタモッツの忘年会を執り行った。
サタモッツにとっては、毎年恒例の大切な行事である。

 
20151219_忘年会3
業界でも話題を呼んだ『新規女子隊員大募集』の甲斐もあり、3名の女子隊員が新たに入隊した2015年のサタモッツ。
そりゃ忘年会も盛り上がるわけである。

※写真右から二人目が3人目の新規女子隊員 “サイコノザー(仮)”
※写真右端の「熱々のおでんに苦戦中」みたいな人も女性です。

 
20151219_忘年会2
この日の参加者は19人で、内女性が6名。

そこで、センターテーブルに女性5人を配置し、向かい側の男性席は “争奪戦” というサバイバル形式にしてみたところ、普段の練習以上にアグレッシブな勢いを見せた男性陣。

 
20151219_忘年会1
こんな感じで、「合コン」、もしくは「フィーリング・カップル 5対5」みたいな雰囲気に。

右端の男(スーザン)は既婚者なのに目がマジだ。
ハンターの目をしている。

 
20151219_忘年会6
センターテーブル争奪戦に敗れてしまった男どもの行く末がこれだ。

むさい・・・・
男一色での鍋パーティー。
まさに天国と地獄ほどの落差があった。

 
20151219_忘年会5
途中、何度か男性席の入れ替え戦も実施したのだが、最後まで「昇格」が叶わなかった者もいた。

2015年最後の最後に地獄を見せられるなんて、夢にも思わなかっただろう。
(女性陣の左端も “狩りの眼” をしているが・・・・)

 
20151219_忘年会7
そして、サタモッツの忘年会では恒例の企画も。
「出席回数ランキング」である。

年間回数半分以上の出席を義務化しているサタモッツでは、頑張って出席している隊員を最大限に評価するのだ。

 
20151219_忘年会14

2015年の結果上位はこうなった。

年間の練習回数49回に対し、上位メンバーはこれだけの出席回数を見せた。
女性隊員が全然いなくなっていた時期でも、腐らずに頑張っていたのだ、サタモッツは。

 
20151219_忘年会8
中でもぶっちぎりでの優勝を見せたのが彼(写真右)、“メッシー” 。

49回の練習回数に対して、出席回数49回。
つまり皆勤賞、一回も休んでないのである。

「愛のゴールデンタイム」とも呼ばれるサタデーナイトにこの成績は、逆に切なさも感じずにはいられないが、とにかく立派だ。

 
20151219_忘年会9
ちなみにこのお皿、この日の会場となった町田の居酒屋『塚田農場』のスタッフさんが、頼んでもいないのに「お店からのお祝いです」とサプライズで作ってくれたのだ。

1位のメッシーと、チーム全体宛に。
今後もサタモッツは、塚田農場さんを「飲み会のデフォルト会場」として付いていきますよ!

 
20151219_忘年会10
こうして、大いに盛り上がった一次会が滞りなく終了。
センターテーブルに座れなかった男どもも、それなりに楽しめたのだった。

 
20151219_忘年会11
その後、「一次会で上がらせていただきます」などというチキン野郎どもを軽蔑の目で見送りながら、「まだまだ夜はこれからだぜ」という勇者たちで二次会の会場へ。

仕事の都合で二次会から合流という隊員も駆けつけ、なぜだか一次会よりも人数が増えていた。

 
20151219_忘年会12
さらに勢いを増して、三次会に突入。

この辺りから、力尽きる隊員も散見されたが、そういった詰めの甘い者にはお仕置きを。
枝豆を鼻の穴に入れて、それをポテトで押し込むという鬼の所業である。

 
20151219_忘年会13
かなり奥まで押し込めたのではないだろうか。

こうして、2015年のサタモッツ忘年会は楽しいうちに幕を閉じたのだった。
2016年も楽しくやっていきますので、引き続き新規女子隊員も大募集中ですぜ!


コメントを残す

*がついている欄は必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。