あの人は今③-2

白昼夢と呼ぶには遅い夜の7時半頃、まだらボケで夢を見ていた私のもとへようやく対談者から連絡が入ります。「これから向かいます!」と。

慌てて集合場所に私も向かいます。ちなみにこちらが今回の対談者の女性となりますが、上記の「向かいます」から現れたのは1時間半後の21時過ぎ。3月とは言え東北の夜の寒さの下での1時間半待ちは初老40男(私)には厳しいものです。おかげでさっきまでの酔いも一気に覚めました。

ちなみにサタモッツ内でのあだ名が本名で通っていたのでここではガキンチョさんにしておきます。ご本人のLINEの登録がそうなってたので。

正直、待たされたことにちょっとムカツキすら覚えたのでしばらく放っておきました。どういう反応をするのか観察の名目で。

伝わりますでしょうか?実際この近距離で取材用の写真をパチパチ撮っていたのですが全く気が付きません。後に説明しますがガキンチョさんが私をよく認識していなかった、、そんな事情もあってのことでしたが。

そんなこんなで郡山到着から約6時間を経て本編へのスタートが執り行われました。すなわち乾杯です。時間の関係で前回までの2作には場所選びにも余念がなかったのですが、今回は時間の都合もあり駅ビルにある居酒屋さんになりました。

予め用意してあったお土産を渡します。

私O型で普段大雑把な男ですが、こと仕事(企画)に関しては色々気が回る私は、あまり慣れてない(ちなみに会ったの2回目です)ガキンチョさんが緊張しないよう心配りを施してたわけなのです。

気になる中身は…

相模焼と呼ばれるどら焼きとそんなに変わらない(参照ブログ)相模原が誇る銘菓を手渡しました。

「たいしたことねーな」そんな声が聞こえて来そうですが、中身がどうこうより品名に「相模原」と記されていることが重要な意味を持ち、ガキンチョさんが学生時代に過ごした第二の故郷に思いを馳せる、そんな準備を促す作用に繋がるのです。多分、きっと、もしかしたら、かもしれない…

今日、この日に至った経緯を話しながら食事も杯も進みます。

ちなみに現サタモ隊員であるコンコン(現いしいし)さんに色々取り次いで頂きこの日を迎えることができました。なにせ私もガキンチョさんとは今日で6年振りで2回目でしたので。

実は、この日の2か月位ほど前に数年ぶりにガキンチョさんが練習に来ていたのをサタモのグループLINEで知る機会がありました。当日の練習会場に私はいませんでしたが、そんな背景もあってこの人選になったところもあるかと思います。

ここで一度読者の皆様にもこの記事を振り返っていただけたらと思います。

~あの頃はこうでした~:局長ブログ

今から6年半も前の事なのですね。突発的に行われた飲み会の模様で、私自身もあれだけ厳しい掟の存在するサタモに於いて飲み会には参加する、むしろ規律を平気で乱す存在として会場にいました。半分その勝手な行動のお詫びも兼ねて、当日の宴の模様を詳細に渡り撮影をし希望者に公開した、そんな感じの記憶があります。

と言う訳で、当日の写真を持っていた私はガキンチョさんにも(ちなみに本人はブログ記事の上から2番目の写真左の女性です)見ていただきました。懐かしい面々を見るその表情に笑みを浮かべながら。

酒も回り、当時の隊内での思い出でも語ってもらおう!と思った、ここ大事なところで一つ問題が。写真を眺め思い出に浸るガキンチョさんでしたが、先述の通り「掟を守らない」私。すなわち普段の練習にもほぼ顔を出す機会のなかった私には、当時のメンバー個々人のパーソナリティーを深く知ることなどあるはずもなく、そこはまるで予備知識のないインタビュアーが進行を行う、話の膨らみを醸成しにくい部分もあったと思います。

なので、トークの中でサタモとの絡みは早々置きましたw。

大学生時代を相模原市で過ごし市内の某女子大学で子供教育を学んだガキンチョさんは、現在では地元の郡山にある幼稚園で幼稚園の先生として活躍されているそうです。元気いっぱいの園児たちに囲まれ、大変な職業で遅くまで勤務することが少なくないそうですが、充実した日々を過ごしているとの事です。

また、プライベートの方でも職場や地元の古くからの友人たちと旅行に出掛ける事も多く、中には東北楽天イーグルスの試合観戦に行くこともたびたびあるそうです。そして、気になるバドミントンの方もこの郡山にあるバドミントンクラブに足繁く通っているそうで、この日の翌日も団体戦に出場し、見事優勝することが出来た!そんな連絡を郡山から相模原に戻った私のもとに一報が届きました。

東林間中学校で羽打ちをした仲間が遠方ながら同じ青い空の下で活躍してる姿、嬉しいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

*がついている欄は必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。