2016年 忘年会レポート

2016年忘年会1
去る2016年12月17日(土)、快楽忍者隊サタモッツの忘年会が町田の某居酒屋で執り行われた。
我々サタモッツにとっては、毎年恒例の大切な行事である。

 
2016年忘年会2
自分の彼女を入隊させて公私混同がノンストップ状態の “ラッチョ” 。
宴の席でも自分の隣に座らせる始末だった。

 
2016年忘年会3
ラッチョの彼女同様に、こちらも2016年に新規入隊した “艶っぽい姉さん” 。
非常勤隊員の “ブラザーK” と、人生について熱く語り合っていた。

 
2016年忘年会4
2016年忘年会5 「私を通り過ぎていった男の数なんて、両手でも数え切れないのよ」


2016年忘年会6 「そうなんすね・・・・ 人に歴史ありですね・・・・」


 
2016年忘年会7
ここで、これまた毎年恒例の、年間出席回数の表彰に。

サタモッツでは、年間の総練習回数の半分は参加できることが入隊資格となっている。
その確認も兼ねて、参加回数の上位者は表彰しているのだ。

 
2016年忘年会8
右:1位の “メッシー” 。
全48回中、47回の出席。
かれこれ数年間は彼がぶっちぎりで首位をキープしている。

左:2位の “大将” 。
彼も、毎年ベスト3の常連である。

 
2016年忘年会9
今回は「新人賞」も。

途中から新規入隊しながらも、一度も休まなかった “ウケケ”(右)と、一度しか休まなかった “ハマゾン”(左)。
二人とも新人とは思えないほど馴染んで、いいキャラクターを発揮してくれた。

 
2016年忘年会10
最終的な上位者は、上記のとおり。

土曜日の夜というのは、普通なら「恋人たちのゴールデンタイム」であるはずなのに、こうやってほぼ毎週出席できてしまうサタモッツの隊員たちの “人生の乾きっぷり” が垣間見える。

 
2016年忘年会11
モテない男女が集まるバドミントン・チーム、それが快楽忍者隊サタモッツなのである。

土曜日の夜に開催するチームというのは、実は根深い闇を抱えているのだ。
人生に闇を抱えながらバドミントンをしたい人は、当WEBサイトのメールから申し込みを!

 
2016年忘年会12
こうして、一次会、二次会までが滞りなく終了。

率先して幹事を引き受けてくれた彼氏急募中の暇人 “セル” と、それに無理やり付き合わされた “あすかMarkⅡ” よ、お疲れさまでした。

 
2016年忘年会13
その後、チーム内でもとくに付き合いのいい器の大きなメンバーたちで、三次会のカラオケに。

左端の “コバ~ン” に至っては、わざわざ栃木県は宇都宮からの参戦。
右端の “すぎやん” も、埼玉県から宿泊参加である。

 
2016年忘年会14
こうして、2016年のサタモッツ忘年会は楽しいうちに幕を閉じたのだった。

2017年も楽しくやっていきます。
そして、引き続き新規女子隊員も大募集中ですぜ!


コメントを残す

*がついている欄は必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。