2015年伊豆ツアーレポート①

2015年8月2日の日曜日で、毎年恒例、サタモッツの日帰り伊豆ツアーを開催した。

2015伊豆ツアー_001

どこからどう見ても「120%海水浴」という格好で現れた非常勤隊員 “ブラザーK” 。

間違っても山登りには見えないであろう。
自分がこれから何をするかを具現化している、非常に分かりやすい行動だ。

 
2015伊豆ツアー_002

その他のメンバーは、つい数時間前までのサタモッツの練習からそのまま来たのか!というくらいラフないでたち。

見ようによっては、ブラザーKだけ一人張り切り過ぎているようにさえ見える。

 
2015伊豆ツアー_003

女性陣は、一丁前に更衣室へ着替えに。

残った男性陣は、車の中や木陰といったアウトドアで、堂々と海パンに履き替える。
誰もが自分のボディにそれなりの自信を抱いているということだろうか。

 

俺の愛犬は、久しぶりの砂浜が気持ちいいのか、ビーチに着くなりハイテンションだった。

とはいえ、時刻はまだ6時前。
もう少し海水の温度が上がってくるまでは、しばし仮眠タイムなのである。

 

サタモッツが毎年ホームグラウンドとしているのは、南伊豆の多々度浜。

チャラいビーチとして有名な「白浜」の少し先にある海水浴場で、白浜同様に白い砂と青い海が美しいビーチだ。
まずは、テントやらパラソルやらを設置して、ベースキャンプを設営する。

 

俺の愛犬もテントの中でくつろぐ。
犬なのに、この手の企画にはなぜかデフォルトで参加させられている。

 

このビーチは、公共の交通機関で来ることが難しい。
つまり、車で来るしかないのだが、その割には駐車場が少ない。

ということは、駐車場の数しか来客がないので、湘南のようには混まないのだ。

 

ということで、駐車場確保のために深夜に出発して早朝の6時には到着するスケジュール。

とはいえ、まだ水が冷たくて泳ぐことができないので、時間を持て余してしまう。
そこで、水着の女子を盗撮すべく専属カメラマンを同行していたのだった。

 

盗撮担当以外の面々は、コンビニで買ったパンなどで朝食を取ったり、なぜかゴーグルを装着したりと、とにかく退屈を紛らわそうと必死だった。

 

そんな中、なぜか “ブラザーK” だけが、海パン姿で早朝の海へと入水しようとしている。

サーファーでさえウェットスーツを着ているというのに、まさかの海パン一丁。
聖なるガンジスへの沐浴のような、彼なりの儀式なのだろうか。

 

すると、本当に入水した。

何か悟りの境地にでも達したのだろうか。
メンバーの誰もが唖然とした瞬間だった。

 

さすがに泳ぐには水が冷たすぎたのか、おもむろに浮き輪を用意してライディング。

よく見ると、他にも似たような輩がいる。
彼奴らに触発されてしまったのだろうか。

 

なぜか浮き輪の上から “勝ち組” のような顔で我々を見つめるブラザーK。

水の冷たさにビビッて砂浜で佇んでいる我々に対して「勝った」という意思表示だろうか。
逆に、我々は誰一人負けた覚えはなかったのだが・・・・・

 
つづく>>>


2014年夏合宿レポート①

2014年10月4日から5日の土日で、サタモッツの “2014年夏合宿” を決行した。

俺(局長)の仕事が忙しく、どうにも準備を進められなかったため、例年と比べて少し遅い時期の開催となってしまた。

2014夏合宿_001

その当日にちょっとしたアクシデントが。

合宿では常にカメラマンを務めていた “メッシー” が熱を出してしまい、よりによって前日にドタキャンをぶちかましてきやがったのだ。

 
2014夏合宿_002

おかげで、急きょ俺のカメラだけでの撮影となってしまったこの年の合宿。

ということで、行きの道中は俺の車の様子のみのレポートとなってしまうがご容赦を。
道志道をひた走ること二時間弱、山中湖に到着した。

 
2014夏合宿_003

どこかで見たことのあるポロシャツ姿の非常勤隊員 “ブラザーK” 。
車を降りて、山中湖が見える場所まで歩く。

 
2014夏合宿_004

山中湖に見入る30代の男3人。

華がない。
単に社会不適合者が3人そろって黄昏ているようにしか見えない。

 
2014夏合宿_005

この日は車2台でスタートしたのだが、すでに他車をぶっちぎっていた俺の車。
メンバー的にはイタイが、着々と目的地へを近付いていた。

 
2014夏合宿_006

こうして、毎年恒例になっているがために半強制的に立ち寄ってしまった山中湖だったが、あいにくの空模様のため富士山も見えず、正直なんのために立ち寄ったのかさえ分からなくなってしまっていた我々。

 

5分くらいしか滞在せずに、そのままリスタート。
そして、お昼前には我がチームの定宿『白樺荘』に到着したのであった。

つづく>>>


2011年夏合宿レポート②

(レポート①からのつづき)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼ごはんも済ませたところで、いよいよ体育館へ移動。
宿から近い体育館を押さえてあるので、全員徒歩で移動する。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たかだか2~3分の距離なので、同じタイミングで宿を出た面々で歩く。
これもまた貴重なコミュニケーションだ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、この二人はたった3分弱の距離ですら常に一緒にいようとする。

愛の形は人それぞれだが、ここまで公にその絆をアピールするなんて。
その横を通り過ぎる “明日香MKⅡ” の気まずそうな顔が痛々しい。

 

カメラを見つけると、何かしらせずにはいられない “坊主” 。

その横は、眼科技師の “たぐぽん” 。
この頃はまだ若かったので、チームのマスコット的なキャラクターだった。

 

“アニー”、“カメ先輩”、“たかお” という、チームの隊員のみぞ知る複雑な関係性をもつ3名が一緒に歩くという奇跡の一枚。

きっと、これを見ている隊員たちは飲みかけの「おーいお茶」を噴き出していることだろう。

 
つづく>>>


2011年夏合宿レポート①

2011年7月9日から10日の土日で、サタモッツの “2011年夏合宿” を決行した。

本当は8月の、もっとゴリゴリの暑さの中で開催したいのだが、大学生の合宿シーズンで宿や体育館を軒並み押さえられてしまうので、やむを得ずちょっと早めのこの時期となった。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8時過ぎ、「いつもの場所」でもある、某総合体育館の駐車場に集合。

どう見ても “地獄の夏合宿” に向かうような雰囲気ではない。
明らかに旅行気分の顔だ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ついに初の合宿参加となった “ノザー” 。

これまで、なんのかんのと理由をつけては参加をはぐらかしてきた不肖の隊員だ。
その他、合宿や飲み会にだけ声を掛けられる「非常勤隊員」である “モー子” も参加。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

俺(局長)がプリントしたユニフォームを嬉しそうに見せ付けている “坊主” 。

ちなみにスペルは、“BOΦWS” となる。
伝説のロックバンド “ボウイ” と同じ形式だ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノザーと同じく合宿初参加の “川ちゃん” 。

彼女であるノザーとセットでの「最初で最後の参加」らしい。
まぁ、愛にはいろいろな形があるのは仕方ないが、合宿の参加は隊員の義務だぞ、キサマら。

 

参加費の集金。

俺の努力により格安で済んでいるなんてことを何も実感なく、むしろ「大金持っていかれるな」くらいの不満そうな顔で応じる面々。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全員がそろって参加費の集金も終わったところで、それぞれの車に荷物を分配。
運命の「配車くじ引き」もそつなく終えて、いざ出発した。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

合宿のお決まりでもある道志の「道の駅」でワンブレイク。

右から、ぺっぴんさん、べっぴんさん、二人飛ばして・・・・
その次も飛ばしてしまおう・・・・・

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これまた合宿の定番、鮎の塩焼きに食らい付く “カットマン” 。

多分、本人は毎年みんなが期待しているお約束のシーンだと思っているようだが、実際は別に誰も何とも思っていない・・・・・

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本の国防を担う仕事をしている “He’s Men” 二尉。

この日は国防を捨ててやって来た。
国の安全よりも、合宿でのハッスルを優先したらしい。

 
2011夏合宿_017

この日のカメラマンは、基本的にこの “メッシー” が担当している。
その他、一部俺が撮影している。

しかし、メガネ率が高いサタモッツの男性陣。

 
2011夏合宿_016

一方の女性陣。

ビジュアルはアレだが、みんなノリはいい。
ノリだけは・・・・

 

走ること3時間弱、お昼前に我らの定宿 『白樺荘』に到着。

2005年からお世話になっている民宿だが、いくらドンチャン騒ぎをしても何も言わない、残念な大人たちの強い味方だ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カットマン夫人の “たかお” 。

夫婦で仲良く参加だ。
見せ付けてくれるぜ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さっそく、車から荷物を下ろす面々。
宴会用の酒類は冷蔵庫へ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ありがたいことに、酒やアテの持ち込みをOKにしてくれる白樺荘。
どれだけ食うんだ!というほどの量が持ち込まれる。

 

さらには、お昼ご飯の宅配弁当まで持ち込みさせてもらっている。
この地域の宅配弁当屋さんに、直接この白樺荘に運んでもらうという我々の厚かましさ。

ちなみに、これで600円。

 

これを食べ終わったら、いよいよ恐怖の夏合宿がスタート。
余裕を見せるのは今のうちだけだ。

つづく >>>


快楽忍者隊サタモッツの公式サイトへようこそ

DSC_1421

快楽忍者隊サタモッツの公式サイトへようこそ。

あいにく、当サイトは現在制作中です。

近日中に正式公開する予定ですので、今しばらくお待ちください。

 

快楽忍者隊サタモッツは、

相模原市で活動するバドミントン・チームです。

アットホームは雰囲気で和気あいあいと活動しています。